So-net無料ブログ作成
検索選択

第551回 ペンスキー、2018年からACURAとIMSAスポーツカーに復帰 [ACURA]

 
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

第183回 ALMS: Acura satisfied with LMP1 debut [ACURA]


Acura.jpg

Acura satisfied with LMP1 debut

Leading Acura drivers believe the new LMP1 ARX-02a has great potential, despite a slightly disappointing debut race for the car at Sebring.

Although Scott Dixon put the De Ferran Acura on pole, both it and the sister Highcroft entry failed to match the diesel Audi and Peugeots' pace in the 12 Hours.

While Highcroft fell back after two accidents before retiring with transmission problems, the De Ferran car managed to stay in fourth place until being stopped by a suspension breakage.

Team boss Gil de Ferran was satisfied with his car's times prior to the failure.

"We are a little disappointed we didn't make it to the chequered flag," he admitted. "But I felt good about our performance today. We proved that the Acura is the best handling car out there today.

"The track was coming to us as the race progressed. We stayed on the lead lap until we had a couple of unscheduled pitstops."

Highcroft's David Brabham pointed out that the car was still at a very early stage in its development.

"I think we didn't get enough time leading into the race to properly have everything together," he said. "I think it has been a success for the first race, since it was such a scramble to get to be reliable.

"We are learning as we go and it was great learning experience today. We now have a clearer idea of what we need to set up the car. I see a lot of potential with this new Acura."

De Ferran agreed that the teams were only scratching the surface of the new car's potential at present.

"We leave Sebring with a good feeling about the new Acura," he said. "It is a good concept and it will get better."

NEXT EVENT

Acura Sports Car Challenge of St. Petersburg
April 03-05
1:20 pm EDT
Duration: 1h 55m


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

第170回 アメリカン・ルマン・シリーズの新型アキュラARX-02a LMP1プロトタイプマシンを発表 [ACURA]



#9 PATRÓN HIGHCROFT RACING / ACURA ARX-02a (LMP1)

 

アメリカン・ルマン・シリーズの新型アキュラARX-02a LMP1プロトタイプマシンを発表

2009年1月28日(水)

新型アキュラARX-02a LMP1プロトタイプマシンが、米国フロリダ州セブリング・インターナショナル・レースウェイでデビューを果たした。これは、アメリカン・ルマン・シリー ズ(ALMS)のトップカテゴリー「LMP1」クラス用のマシンで、アキュラとしては初めてのLMP1へのチャレンジとなる。なお、今シーズンはド・フェラン・モータースポーツとパトロン・ハイクロフト・レーシングが使用する予定である。

ALMS冬季テストの初日、ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント (HPD)が英国のワース・リサーチ社と共同開発したマシンは、セブリングで行われたテストセッションで、公式にサーキットを走行した。アキュラARX-02aはオープン・コックピットでダブルウィッシュボーン・サスペンションを装備しており、無鉛E10ガソリンを使用する自然吸気・燃料噴射式4.0リッ ター・V8エンジンを搭載している。

今シーズンのALMS全10戦にLMP1で参加するのは、マシンNo.66のド・フェランXMサテライト・ラジオ・アキュラARX-02aを駆る、 ド・フェラン・チーム代表であり、2003年のインディ500チャンピオンでもあるジル・ド・フェランとサイモン・ペジノ。そして、ハイクロフト・レーシ ングのチームオーナー、No.9パトロン・ハイクロフト・アキュラARX-02aを駆る、2008年にLMP2クラスで4回勝利を収めたデイビッド・ブラ バムとスコット・シャープである。 また、今シーズンLMP2レースに参戦する唯一のチームは、レギュラー・ドライバーにエイドリアン・フェルナンデスとルイス・ディアスを擁し、No.15 ロウズ・アキュラARX-01bを駆る、ロウズ・フェルナンデス・レーシングとなる。

アキュラは2007年に、アキュラARX-01a LMP2マシン3台でALMSに参戦を開始。3.4リッター・V8エンジン搭載のアキュラLMP2マシンは、出走23回中、LMP2クラス優勝7回、総合 ポール・ポジションを6回獲得し、2008年のライムロックとデトロイトのレースで計2回の総合優勝を収めた。 2009年、HPDはALMSとIndyCarシリーズのプログラムを並行して継続推進する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車