So-net無料ブログ作成

第332回 【IRL】新型エンジンはターボチャージャー付き…2012年から [IRL]

【IRL】新型エンジンはターボチャージャー付き…2012年から

IZODインディカーシリーズは2日、2012年から採用するエンジンスペック規程を発表した

新レギュレーションは、現在の自然吸気3.5リットルV8から排気量の上限を2.4リッター、シリンダー数を最大6気筒とし、使用される燃料はこれまで通りエタノール。将来的にはこのエンジンを用いて回生ブレーキやハイブリッド等グリーンカー的な技術導入も視野にいれているとのことだ。


注目すべきは新たにターボチャージャーを採用すること。2008年に統合したチャンプカーワールドシリーズではターボ付きエンジンが用いられてきたが、94年に創設され、96年からシリーズ戦が始まったインディカーシリーズにとってはターボエンジンの採用は初めてだ。


エンジン出力をコースにあわせて550 - 700馬力に設定し、出力を調整するのに有利なターボチャージャーを採用するわけだが、ブースト圧、回転数などエンジンをイコールコンディションにする為の具体的な方法は現時点では未だ示されていない。


また2005年を最後にトヨタとGMがシリーズより撤退してから現在まで、ホンダが全車にエンジンを供給するワンメーク状態が続いているが、このレギュレーション更新により複数のエンジンサプライヤーが参入されることも期待されている。同時に直4エンジンとV6エンジンのマシンの競合によるレース実現の可能性も出てきたわけだ。


エンジンと同じく2012年から採用される新型シャーシについても6月30日までに発表されるとのことで、既にローラ、ダラーラ、スイフト、デルタウィングからIRLが提示した条件にそったデザインが提出されている。

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

第221回 初Vへ、かみ合えば「いける」=武藤、一時帰国で自信示す-インディカー [IRL]

 

初Vへ、かみ合えば「いける」=武藤、一時帰国で自信示す-インディカー

 

自動車レースのインディカー・シリーズで活躍中の武藤英紀が一時帰国し、21日に都内のホンダ本社で記者会見を行った。昨年の新人王は、今季序盤こそ結果を残せなかったが、第7戦(6月21日)で3位に入り今季初の表彰台、第8戦(同27日)は4位と上り調子だ。

  残り7戦。9月には「勝ちたい」というツインリンクもてぎ(栃木)での第16戦が控えており、目標の日本人初優勝も手が届くところにある。「去年に比べてクルマを理解できている」と話すように、マシンのセッティング能力が向上。時にはチームの他の3台が、武藤と同じセッティングで走ることもあり、チーム内 での信頼を物語っている。

 悲願の初Vへ、「ずっと信じて戦ってきて、ようやくうまくかみ合えばいけるのでは、とすごく強く感じる」と自信をのぞかせた。 (2009/07/21-17:17)

 
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

第188回 2009 IRL IndyCar Series Rd.01 St Pete Race - Results&Highlights [IRL]



 


決勝リザルト

順位 No. ドライバー チーム C/E/T
1 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F -
2 21 ライアン・ハンターレイ Vision Racing D/H/F +0.4619
3 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing D/H/F +0.9490
4 10 ダリオ・フランキッティ Target Chip Ganassi Racing D/H/F +1.5230
5 11 トニー・カナーン Andretti Green Racing D/H/F +2.3214
6 3 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +3.4622
7 02 グラハム・レイホール Newman/Haas/Lanigan Racing D/H/F +4.0672
8 23 ダレン・マニング Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +4.7283
9 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +5.9559
10 34 アレックス・タグリアーニ Conquest Racing D/H/F +1Lap
11 06 ロバート・ドーンボス Newman/Haas/Lanigan Racing D/H/F +4Laps
12 98 スタントン・バレット Team 3G D/H/F +7.8808
13 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Green Racing D/H/F +6Laps
14 4 ダン・ウェルドン Panther Racing D/H/F +14Laps
15 27 武藤英紀 Andretti Green Racing D/H/F +1.3945
16 9 スコット・ディクソン Target Chip Ganassi Racing D/H/F +20Laps
17 13 E.J.ヴィソ HVM Racing D/H/F +25Laps
18 20 エド・カーペンター Vision Racing D/H/F +29Laps
19 7 ダニカ・パトリック Andretti Green Racing D/H/F +69Laps
20 2 ラファエル・マトス Luczo Dragon Racing D/H/F +1.0148
21 5 マリオ・モラレス KV Racing Technology D/H/F +35.8689
22 24 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +99Laps
 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。